からつ七つの島

向島

島全体が家族 強い絆で結ばれたアットホームな島向島【むくしま】

島の人々をつなぐ「酔いつぶれ」の祇園
 肥前町の星賀港から郵便船で約10分。松島と同じくらい小さな島は、かつて豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に物見番所として重用されていました。今では、標高67メートルの島一番の高い場所に立つ灯台が、海上交通の安全を見守っています。
 この島に伝わる八坂神社の祇園祭りは、かつて「賑わい見るなら博多の祇園、酔人見るには向島の祇園」と詠われるほど「酔いつぶれ」の祭りとして有名でした。今も祇園祭りには各家庭を回って酒を飲み、歌を唄い賑わいます。
 祇園祭は、「祇園さん」と呼ばれ、毎年旧暦6月15日と16日に行われます。準備は14日から始まり、島の若者が長老たちの手ほどきを受け、境内に掲げる7メートルもある長い幟の竹を組み、無病息災を願い島民がくぐる「茅の輪」も竹を中心に据え、島で採れた茅を巻いて輪をつくります。

家の中が賑わうことが厄払いに
 15日には島の周辺でとれたアワビ・シャジャ(サザエ)など供え、神事を行います。翌16日は「酔いつぶれ」の祭りの始まりです。島の若者が夕方八坂神社に集合し、大きな盃でお神酒を受けた後、神社の東側から順番に33戸ある島の家々を回ります。
 若者たちは各家庭でもてなしを受け、酒を飲み、島の若者に代々伝わってきた歌を、三拍子の太鼓の音に合わせて唄います。歌は、ずいぶん昔の流行歌を向島用に歌詞を変えたもの。四曲ほど唄った後、最後は「向島音頭」を唄い、乾杯と万歳三唱で締め、次の家庭へと移動します。酒を飲み、陽気に唄い、賑わえば賑わうほど厄払いになると言われ、最後の家にたどり着くのは午後11時過ぎ。この祭りは真夜中まで続き、小さい島ながらも仲良く、心豊かに暮らしていこうとしている島民の気持ちを一つにしているようです。

観光案内

map
日比水道の羅針盤向島灯台
日比水道の羅針盤向島灯台
海上の要衝である向島は、東西南北を行き交う船舶の交差点です。しかも壱岐方面⇔平戸・佐世保へ、五島⇔伊万里方面への航路の中間地点でもあり、この向島灯台は、海難事故の防止の立役者になっています。
向島灯台公園
向島灯台公園
モンゴル村で有名な鷹島に寄り添う黒島がすぐそこに見えます。遠くに長崎県平戸島の奥の院的山大島(あずちおおしま)が見えます。北には、二神島・壱岐島が見えます。
西海岸の磯の浜
西海岸の磯の浜
住宅地の裏からスイッチバックで登りつめると水子地蔵が迎えてくれますが、その道を左方向に下り水源地のダムを通り過ぎるとそこは磯の浜です。磯ノリも、貝もいっぱい。
立岩への遊歩道
立岩への遊歩道
先ほどの水子地蔵を墓地沿いに直角に右へ。2mの道幅をそぞろ歩きの遊歩道。左右に多くの樹木が林立し、左右を見渡しましょう。危険なのは行き止まりです。その先は、断崖絶壁ですから・・・。

島の情報

商品が購入できる場所
  • しばらくお待ちください
問い合わせ先
向島-島づくり事業実行委員会(代表者:樋口洋二)
〒847-1524 唐津市肥前町向島262
TEL: 0955-54-2144 / FAX: 0955-54-2144

冷凍商品、冷蔵商品、通常商品を同時にご購入の場合、別々に梱包して配送させていただきます。
その場合、送料がそれぞれにかかりますので予めご了承ください。
ご注文後の確認メール後(自動配信)、改めて商品代金+送料の合計金額をご案内させていただきますので、それ以降にご入金をお願いいたします。

向島の商品一覧

塩わかめ[冷凍]

380円(税込)

SOLT OUTが表示されている商品は、一部予約販売可能です(季節や天候により取り扱いしていない場合もあります)。お問い合わせください。


からつ七つの島