からつ七つの島

高島

高島の宝「宝当神社」が島おこしの起爆剤に高島【たかしま】

島を活気付けたアイディアグッズ「宝当袋」
 唐津城のすぐそばの桟橋から、わずか2キロの沖合にある離島・高島。台形をしたこの島は、「宝が当たる島」として、毎年多くの観光客が訪れています。
 平成に入って、「高島の宝当神社にお参りすると宝くじが当たる」と宝くじファンの間でうわさになっていました。このことがマスコミで紹介されると高島は全国的に有名に。ちょうど基幹産業ののり養殖や漁業の不振続きで水産業以外に何か島でできないか模索していたころ。島の若者を中心とした島おこしグループが宝くじを入れる関連グッズ「宝当袋」を作ろうというアイディアが飛び出し、売り出すと島は一気に活気付きました。
 「島おこしの役に立てば」と思いを込めて「宝当袋」をミシンで一枚ずつ縫っていた島のおばちゃんたちの間に連続して当選する人が出るとさらに評判を呼び、宝当神社の人気はますます高くなりました。

かつて年間300人の観光客が1日4000人に
 それまで島を訪れる観光客はほとんどなく釣り客が年間300人ほど。宝当神社が知られると、宝の島に船で訪れる神秘性も手伝って、年間10〜15万人、多い時には一日4000人も島を訪れたといいます。小さな島に小さな船から多くの参拝客が乗り降りする姿は「島の宝100選」に選ばれました。
 島民が中心となった島起こしでライフラインやハード面も整いつつあり、島の生活も賑やかに。島内のマップも島に生まれ育ったイラストレーターが手掛け、島への思いを綴った宝当音頭が出来ると盆踊りの振り付けは保母さん。高島に昔から残る島の大衆文化「口説き」も「保存会」が出来て島の若者が週一回、練習を重ねるなど、若い力も動き始めました。これからも島を上げての島おこしは続いています。

観光案内

map
博多からの宝当桟橋バス停昇降場
博多からの宝当桟橋バス停昇降場
博多・天神バスセンターからの乗車で高島までの最短距離。桟橋まで100mの徒歩。
博多〜から唐津間が1時間10分+海上遊覧定期船10分合計約1時間30分で宝の島へ
千代田町高島桟橋乗船券売り場
千代田町高島桟橋乗船券売り場
高島行き定期船【ニューたかしま】定員101名の船旅の出発点。090-9077-8844に電話すると案内してくれます。船賃は、大人片道200円。子供は半額です。
宝が当たるとウワサされている宝当神社
宝が当たるとウワサされている宝当神社
博多・天神バスセンターからの乗車で高島までの最短距離。桟橋まで100mの徒歩。
博多〜から唐津間が1時間10分+海上遊覧定期船10分合計約1時間30分で宝の島へ
南国のオアシスを思わせる漁港公園
南国のオアシスを思わせる漁港公園
対岸の日本三大松原の一つ虹の松原を一望にできる島で一番のオアシス広場。島に似合わない整備された公園は、船待ちのための子供達とのコミュニケーション広場です。

島の情報

商品が購入できる場所
  • しばらくお待ちください
問い合わせ先
高島さざなみ会(代表者:野彌生)
〒847-0027 唐津市高島643-3 佐賀玄海漁協高島支所内
TEL: 0955-73-1585 / FAX: 0955-73-1586

冷凍商品、冷蔵商品、通常商品を同時にご購入の場合、別々に梱包して配送させていただきます。
その場合、送料がそれぞれにかかりますので予めご了承ください。
ご注文後の確認メール後(自動配信)、改めて商品代金+送料の合計金額をご案内させていただきますので、それ以降にご入金をお願いいたします。

高島の商品一覧

SOLT OUTが表示されている商品は、一部予約販売可能です(季節や天候により取り扱いしていない場合もあります)。お問い合わせください。


からつ七つの島